モンゴルチームがプロジェクト運営委員会に参加

2021年8月20日にモンゴル国立教育大学会議室にて、モンゴルプロジェクト運営委員会が行なわれました。モンゴル側からは、Jadambaa教授、Tsedevsuren教授、Bat -Erdene教授、Sukhbaatar教授、Orgilmaa氏が参加し、東京工業大学からは、山口教授、高田教授、平井が参加しました。 ホブド県で6月に行なわれたオンラインパイロット研修の結果報告が、運営委員会の主な議題でした。まず、Tsedevsuren教授が、研修の概要を話し、続いてOrgilmaa氏が、研修の内容とデジタル研修教材の評価結果の報告を行ないました。Orgilmaa氏は、ホブド県の教員が開発したデジタル研修教材の内容と、その改善方法について、他の参加教員や専門家チームから得られたフィードバックについて説明しました。また、デジタル研修教材の評価結果は、2019年の評価結果と比較する形で紹介され、どの教科のチームについても教材の質が大きく改善していることがよくわかりました。 ホブド県の研修について、山口教授は、ホブド県のECDメソドロジストの周到な準備と調整に対する感謝を述べました。また、初のオンラインでの研修にもかかわらず、オンライン会議ツールの機能を活用して、活発な議論が行なわれていたことを、特に重要な成果であると報告しました。 この報告を受け、運営委員会では、2021年の活動計画について議論をしました。その結果、残りの4県での地域別研修についてもオンラインで行なうことで合意が得られました。ホブド県でのオンライン研修の成功と、新型コロナウイルスの感染拡大状況を考慮しての決断でした。 その後、平井が、東工大チームと卒業生のOyunさんが準備、実行した対話型学習教材の研修の活動報告を行ないました。研修を通して、参加者は43問の対話型問題を作成し、発表しました。これは2019年に行なわれた研修で作成された数よりも多く、大きな成果が得られたことを示しています。さらに、研修活動の評価を調べるために行なった調査の結果も報告しました。調査結果から、研修の参加者が、特に、参加者同士助け合って研修に取り組んだことが良かったと感じていたことがわかりました。Bat-erdene教授、Sukhbaatar教授、高田教授からは今後の研究への助言がありました。 運営委員会の議論をもとに、オンラインでの地域別教員研修が9月の後半より実施されます。

Read more

ホブド県で実施されたパイロットオンライン教員研修に参加

JICA草の根技術協力事業の一環として、6月14日から18日の5日間、モンゴルのホブド県にて教員研修が実施されました。新型コロナウイルス感染拡大状況下にて、本研修は、モンゴルプロジェクトとして初の完全オンラインでの教員研修活動となりました。山口・高田研究室からは、山口教授、高田教授、平井研究員がオンラインで参加しました。 本研修は、数学、化学、デザインと技術、歴史と社会、地理、物理の6教科を対象とし、各教科の担当チームが作成したデジタル教員研修教材、教員ガイドライン、モンゴル国立教育大学の(MNUE)専門家チームが作成した教員ガイドラインの内容や活用方法を改善する事を目的として行なわれました。また、パイロット研修として、オンラインでの研修活動を評価し、研修の知見を他の4パートナー県での研修に活かすことも目的としました。 デジタル研修教材を作成した教員チームの代表者6名が研修講師となり、ホブド県の教員50名、ホブド県と近隣4県のメソドロジスト20名、他4パートナー県の8名が研修に参加しました。 研修の前半、1日目の午後から4日目の午前は、デジタル研修教材を改善する研修を行ないました。6教科の教員チームがデジタル教員研修教材を紹介し、開発の過程、教授法、使われるICTの説明を行ないました。その後、オンライン会議ツールのブレークアウトルーム機能を活用し、教科毎のグループで、教材の改善点、活用方法を議論しました。グループワークにはMNUEの専門家も参加し、議論をモニタリングしました。 再度、参加者全員で集まり、グループワークの結果の共有をしました。さらに、MNUEの専門家、山口教授、高田教授からの講評が行われました。研修の最後には、教材の内容や技術面についての15項目の評価表を用いた、定量的な評価も行ないました。デジタル研修教材の開発を始めてから2年間の試行錯誤と工夫の成果があり、2019年の研修時から、研修教材の質が大きく向上した事は、講評からも教員の評価からも明らかでした。 研修の後半、4日目の午後から、5日目の午前中にかけては、教員ガイドラインを改善する研修を行ないました。始めに、教員はグループに別れ、MNUEの専門家チームが作成した、教授法、ICTの教育利用を紹介するガイドラインの読み合わせを行ないました。次に、各教科チームが作成したデジタル研修教材の利用と開発に関するガイドラインの読み合わせを行ない、改善点について議論をしました。 デジタル研修教材とガイドラインの研修に併せて、対話型研修教材の研修も行なわれました。研修は平井研究員が開発したeラーニング教材を活用し、研修中は、山口・高田研究室の卒業生で、現在国連大学で博士課程に所属しているOyunさんと、平井研究員が、教員の対話型研修教材の作成の支援を行ないました。参加者の9割近くが研修の期間中に、対話型研修教材を作成するためのソフトウエアのダウンロードと設定、教材の開発を達成する事ができました。 5日間の研修を終えて、参加者からは、初めは懐疑的だったオンラインでの教員研修も、実際には十分有意義な経験を得ることができた、地方の学校にいながら、ウランバートルや日本から研修教材に対する助言が得られたことはとても貴重であった、との意見が得られました。 パイロット研修の実施方法や、教員の意見を参考に、他4県での教員研修を実施します。

Read more

石野研究員、石原さんのオンライン送別会

4月21日、山口・高田研究室は、石野研究員、石原さん(修士課程)のオンライン送別会を行ないました。石野研究員、石原さんは、4月から、それぞれ新たな環境で働かれています。 オンラインでの送別会ということで、フランス、広島、筑波、など遠方にいる卒業生もお招きし、山口先生、高田先生を含めた16名で送別会を行ないました。 オンラインでの乾杯をし、歓談をした後、現役の博士課程学生のSaifulさんが”Trip Down Memory Lane”という企画をし、過去の思い出の写真をゲーム形式で紹介しました。 山口先生と高田先生から、石野研究員、石原さんへ、これからのキャリアに向けての激励の挨拶を持ってオンライン送別会はお開きとなりました。 石野研究員、石原さん、次のキャリアでのご活躍を祈っております!

Read more

第36回国連大学グローバル・セミナーに参加

2021年3月10~11日, 22日に行なわれた、第36回国連大学グローバル・セミナーに平井(D5)、Jerome(D3)、Saiful(D3)が参加しました。 国連大学グローバルセミナーとは 国連大学グローバル・セミナーは、国連大学サステイナビリティ高等研究所が主催する、現代社会が直面する地球規模の問題と、国際連合の取り組みについて学ぶことを目的としたセミナーです。大学生、大学院生、若手社会人が参加対象です。1985年の湘南セッションに始まり、これまでに、日本全国各地、また2003年にはソウルで、セッションが行なわれてきました。今年は、コロナ感染拡大の状況により、オンラインでの開催となりました。 第36回国連大学グローバルセミナー 第36回国連大学グローバル・セミナーのテーマは、「Sustainable Solutions for Global Environmental Problems」でした。このテーマの下、全国の大学から選抜された65名の学生が、三つのグループに分かれ、環境問題に係る課題の分析と解決策の提案に取組みました。特に、大気、地上、水の三つの系の相互関係に着目すること、分野横断型の学際的なアプローチで課題分析・解決策提案に取組むことが強調されました。セミナーは、3月10日、11日、22日の三日間で開催され、それぞれの日にゲストスピーカーによる基調講演と、グループワークが行なわれました。22日には、グループワークの成果発表会がありました。 セミナー1日目(3月10日) セミナーの1日目は、山口教授による開会の挨拶から始まりました。山口教授は、セミナー参加者の所属大学の多くが貢献している、国連大学SDG大学連携プラットフォームに触れ、多様な分野の知識を持つ人材が、持続可能な開発に向けて連携することの重要さと、その連携のための大学のネットワークが重要であることを伝えました。挨拶に続いて、国連大学の上級副学長沖大幹教授による基調講演「Global Water Sustainability」が行なわれました。沖教授は、MDG時代の水分野の目標達成から得られた学びと、SDGs達成に向けた課題について話されました。特に、アクセス可能な水の質、安全な水へのアクセスが特に限られている地域への支援、仮想水取引量に着目した現実に即した水へのアクセスを図る指標、について考慮することが重要であることを、データを示しながら説明されました。 1日目のグループワークは、グループ毎にメンバーの自己紹介をした後、グループをさらに、大気、地上、水のサブグループに分け、それぞれの分野での課題の特定、関連する課題の相互関係、課題解決策とその利害関係者の分析を行ないました。山口・高田研究室のメンバー3人は、ともにグループCに所属し、平井は、大気を担当するサブグループC1、Saifulは水を担当するサブグループC2、Jeromeは地上を担当するサブグループC3に分かれ、グループワークに参加しました。サブグループC1は大気汚染と酸性雨に着目し、工業、農業、運輸、廃棄物処理による大気汚染、酸性雨への影響についてまとめました。 セミナー2日目(3月11日) セミナーの2日目は、はじめに、国立環境研究所、社会環境システム研究センター長の亀山康子教授による基調講演「Climate change and

Read more

Jerome Sillaが東工大スチューデントアンバサダーに就任しました

山口・高田研究室のJerome Sillaが2020年度東京工業大学スチューデントアンバサダー(Student Ambassador)に選出されました。ジェロームは大学代表として他の代表する5人の学生と共に活動をしています。 スチューデントアンバサダーは自身が留学生として東工大で培った経験やアドバイスをブログで発信することを主な仕事としています。また、大学の代表としてみなされているため、東工大へ進学を考えている希望者を対象としたイベントへの参加やキャンパスに訪れた人にガイダンスを行うことも期待されています。しかしながら現在は新型コロナウイルス感染症予防のためそれら紹介イベントやキャンパスツアーは中止されています。 Jeromeは2020年7月よりアンバサダーに任命されました。彼は東工大コミュニティの一員として自身が得てきた様々な機会をアンバサダーのプラットフォームを利用して共有したいと思い志願しました。最初の記事として、コロナ禍の学生としての苦難と東京工業大学からの多大な支援について投稿しました。 2020年9月28日のキックオフパーティーで6名のスチューデントアンバサダーが正式に任命されました。水本哲弥理事・副学長(教育担当)と阿部直也教授(環境・社会理工学院)、そして入学課のスタッフが本式典に参加しました。翌週、スチューデントアンバサダーの公式写真がウッドデッキ、図書館、博物館など大岡山キャンパスの様々な風景のもと撮影されました。Jeromeは広告用ビデオにも出演しており、それらはスチューデントアンバサダー公式ソーシャルメディアアカウントで確認することができます。 Jeromeは2014年に交換留学生として東京工業大学に入学して以来、これまでの発見・学びについて振り返りつつ、彼の日本での将来についても同様に様々な考えを巡らせています。日本に滞在する多くの留学生が持つさまざまな気づき・考えについて、今後彼のブログに投稿される予定です。 ****************************** スチューデントアンバサダーの公式ウェブサイトにあるJeromeのプロフィールには、ここからアクセスできます。

Read more

山口・高田研究室のメンバーは第十五回ASEFClassNetへ参加した。

11月29日、山口教授と山口・高田研究室のメンバー、平井(博士3年)と石原(修士2年)は国際会議第15回ASEFClassNetへ参加した。ASEFClassNetは11月25日から29日の期間東京で開催され、「持続可能な開発のための教育(ESD)」及び「AI:教師の役割と準備」というテーマに焦点を当てたもので以下3点の質問が事前にあげられていた。 1.AI時代においてESDにむけてどのような教育と実践の変化のため教師は何を行う必要があるのか? 2.適切な教育学を発展させるために教師はESD及びAIに関してどのレベルの知識が必要かどうか? 3.ESDを学校のカリキュラムに有意義に統合し、来るAI時代への準備を強化するためには、教師のどのような能力開発と協力支援が必要か? 山口・高田研究室の生徒は午前中上智大学にて開催された「学校カリキュラム及び教師のAI準備関する本会議」に参加した。本会議は「ESDと主流の学校カリキュラムへの統合に関するアジア・ヨーロッパ本会議」及び「AI時代の教師の役割と準備に関する本会議」の2つのセッションで構成されていた。 最初の本会議のパネルトークでは5人のパネリストが「ESDと主流の学校カリキュラムへの統合」という議題についてアイディアを共有した。パネルトークは英国オープン大学教育工学研究所助教授のWayne Holmes教授が進行役を務めた。 文部科学省の小松太郎教授は1つ目の質問(「AI時代においてESDにむけてどのような教育と実践の変化のため教師は何を行う必要があるのか?」)に回答した。 AI時代の教師の役割の変化に対応するためには「私たちは何を教えるのか」という点が重要である。なぜならESDスキルのフレームワークでは創造性や批判的思考など多数のスキルに分かれているがそれらはグローバル市民や21世紀型スキルとよく似ているからだ。ESDが他のアプローチと異なるのは「これは持続可能かどうか?」を問うだけではなく「どのような社会を我々は維持したいのか?」という事を問い続けているという点だ。ESDには長期的なビジョンがありその点で、現代の問題により重点を置いたグローバル市民権とは異なるものである。 フィンランドの高校の校長であるMagnus Westerland氏はフィンランドESDにおける「エンゲージメント」「コラボレーション」「バランス」の3つの要点にについて強調した。 ニュージーランドの学習プロジェクトリーダーであり中学校の物理教師でもあるCairan Finnerty氏はニュージーランドの国家標準教育評価(NESA)とESD教育を紹介した。ESDはニュージーランドではプロジェクトベースの学習を利用する科目である。本科目では学生は自分自身で問題を見出し教師は生徒と協力して解決策を見出す。このアプローチの重要性を強調するために杉村教授はESDの内容に焦点を当てた上智大学の新しい英語コースの導入に伴う学際的アプローチの重要性について言及した。 後半のパネルトークでは「AI時代の教師の役割と準備に関する本会議」について山口教授を含む5名が意見を共有した。 エストニア教育省のeサービス部の副部長であるKristel Rillo氏はAIの教育と教育のためのAIの両面について述べた。AIの教育に関して、「AIによって実際に構築できるもの」と「AIでイノベーションを実際に促進する方法」という2つの質問を通してAIの役割を理解する必要する必要がある。教育のためのAIについては、「AIの目的」、「使用するデータの種類」、そして「解決したい問題」などAI関連の質問を明確にする必要がある。現在エストニアではAIを導入した際の教師の仕事の再デザインが進行中であるとのことであった。 山口教授は始めに現在のAI開発に関する情報を「強いAI」や「弱いAI」の例を交えながら共有した。その後AIによってもたらされる機会と課題について紹介をした。 現在のAIは「弱いAI」とみなされ、限定された状況下における特定のタスクを通して私たちを支援する。しかし「強いAI」は認識能力を必要とする作業を行うことができるものと定義され「汎用人工知能」とも言い換えられる。 「弱い」とはみなされているものの、現在の人工知能は行動分析、ロボット工学、コミュニケーションロボットなど様々な可能性を我々の生活に提供している。 AIの課題については倫理問題と平等性の問題について紹介した。現在AIの開発では独占的なテックジャイアントの倫理が反映される傾向がある。倫理問題を考える際に「誰の倫理を適用するのか?」という点は大きなチャレンジである。

Read more

SaifulとJerome が地球環境共創コース博士課程中間発表会に参加

9月30日に行なわれた地球環境共創コース博士課程中間発表会に、山口・高田研究室からSaiful Hadi Masran (D3) とJerome Silla (D3)が参加しました。今年の発表会はオンラインで行なわれ、8名の融合理工学系所属博士課程学生が参加しました。 はじめに、各学生による2分間で研究概要のプレゼンテーションが行なわれました。次に、学生と審査員の教授が3つのグループに分かれ、より詳細な研究発表と、ディスカションを行ないました。発表は5分間、ディスカッションは10分間で行なわれました。Saifulはマレーシアの高等教育修了者の学歴ミスマッチ(educational mismatch)に関する研究、Jeromeはルアンパバーン世界遺産地域における無形文化遺産の保護に関する研究についての進捗を発表しました。 ディスカッションでは、Saifulの研究に対して、教育過少(Under education)も雇用の問題となり得る中で、なぜ教育過剰(Over education)に着目するのかという質問がありました。それに対し、Saifulは、マレーシアにおいて教育過剰が年々増加している傾向や、高等教育を強化する政策に対しての成果が、賃金や労働満足度に現れていないことを説明しました。また、教授からは研究に対しての助言もありました。例えば、学歴ミスマッチの要因の理解に、労働市場分析を導入することや、予備調査で質の高い分析を行なうために、回答者数を適切に設定することが重要との意見があがりました。 Jeromeの研究に対しては、適切なICTを選択するために必要なデータに関する質問が挙がりました。この質問に対しJeromeは、ルアンパバーンで活用されている通信機器を調べるために必要な情報収集、調査の内容とその計画を説明しました。これらの点は、発表内で十分に説明できなかった内容であったため、ディスカッションの時間を有効に活用し、研究の方向性を説明することができました。 ディスカッションの時間が限られていた中で、教授や学生からの質問や意見から、計画通り伝わった点、伝わらなかった点がわかり大変参考になりました。これを参考に研究の内容を改善していきます。

Read more

Jerome(D2)とSaiful(D2)が2020年地球環境共創コース学生活動報告会に参加しました。

2月5日、JeromeとSaifulが地球環境共創コース学生活動報告会に参加しました。本報告会は東工大すずかけ台キャンパスで開催され29名の学生から60ものプレゼンテーションが行われました。Jeromeはラオス・ルアンパバーンにおけるフィールドワーク及び東工大リーダーシップ教育学院(ToTAL)でのTA活動の経験についてプレゼンテーションしました。Saifulは東工大グローバル理工人育成コースにおけるTA活動の経験についてプレゼンテーションしました。両者ともに本セッションにおけるベストプレゼンテーションに表彰されました。 Jeromeは“自己啓発本を用いたリーダーシップ講座におけるTAとしてのアクティブ・ブック・ダイアローグのファシリテーション”と題したプレゼン、および“QRコードと世界遺産:東工大とルアンパバーン世界遺産局オフィスとのコラボレーション”と題したプレゼンの2つのプレゼンテーションを行いました。 Jeromeは2分間のプレゼンテーションで伝えることができる内容は限られていることから、背景・目的・課題・解決法に焦点を当てた聴衆に理解しやすい簡潔な構成を意識したプレゼンテーションを行いました。 Jeromeの初めのプレゼンテーションの質疑応答セッションではTAクラスで3冊の本のうち学生に最も影響を与えた本について質問が挙がりました。これは年末の講義に用いた小さな日ごろの習慣についての本が学生がちょうど新年の目標を考えるのに大きな役割を果たしたと説明しました。この本では1つの大きな野心的な目標ではなく実現可能な小さな目標を立てることを推奨しています。2つ目のプレゼンテーションではウェブサイトに公開する情報をどのように選択したかについて質問が挙がりました。この点については協同先である世界遺産局に繰り返し確認し情報が簡潔かつ有益な情報を選択したと述べた。また写真を用いて寺院の変化を説明することで簡潔な説明を行いました。 Saifulは東工大グローバル理工人育成コースにおけるTA活動の経験についてのプレゼンテーションを行いました。本講義の参加者は学部1年生でありTAは学生のグループワークを促し、参加者の課題解決スキル、チームワーク、多文化理解を深める役割を求められました。グループワークでは学生が社会及び環境に関する国際的な問題に対する解決法を提案することが求められ、Saifulのグループではマレーシアのごみ処理問題を取り扱った。講義の前半ではSaifulが母国であるマレーシアのいくつかの課題について紹介しました。プレゼンテーションではその中で彼が気付いたTAとして議論をファシリテーションする上で直面した時間的制約やコミュニケーションなどの課題を強調し、それらの課題解決の為GoogleドキュメントやGoogleフォームなどのオンラインツールをグループに導入し解決したことを紹介しました。質疑応答セッションでは彼が導入したオンラインツールの利点と有効性に関する質問が挙がりました。Saifulはオンラインツールとモバイルアプリケーションを利用することで学生のディスカッションへの参加率が増加したと説明しました。今回の経験を通してSaifulは自身のファシリテーションスキルを一層向上させ、自身の研究にも反映させたいと述べてプレゼンテーションを結びました。

Read more

モンゴルプロジェクトのパートナー県代表者が日本研修に参加

JICA草の根協力事業の一環として、12月15日から25日にかけて、日本での研修が実施されました。モンゴルから、地方政府教育文化局局長、メソドロジスト、中学校校長、中学校教員と現地プロジェクトコーディネーターの計11名が参加しました。研修は、日本の学校での効果的なICT活用の実践について学び、モンゴルでの教材開発、授業計画に適用することを目的に行なわれました。 研修では、都内の中学校、高校、東京都教職員研修センターを見学しました。また、文部科学省主催のスーパーグローバルハイスクール(SGH)及びワールドワイドラーニング事業(WWL)拠点校による全国高校生フォーラムの視察を行ないました。全国高校生フォーラムでは、全国のSGH、WWL指定校から集まった学生が、グループセッションやポスター発表を通じて、持続可能な開発のための国際的な課題について議論します。 研修に参加者したモンゴルの先生方は、視察した学校で、ICTを効果的に活用した授業の紹介や、授業計画や学習内容の設計などについての議論に活発に参加しました。例えば、東京工業大学付属科学技術高校では、機械工学の授業で遠隔操作ロボットを開発した学生の指導を受けながら、ロボットの操作を行なったり、大森第六中学では、学校長と、特色あるESDの授業設計と内容について議論をしました。白鴎高等学校では、特にオンライン上でクイズが作成できるKahoot!プログラムやオンライン上で質疑応答が即時で行なえるMentimeterプログラムといった教育ソフトウエアの利用に注目が集まりました。モンゴルの先生方も実際にKahoot!を使ったクイズに参加し、その使い方と機能を試しました。また、現在、日本で試行されている、生徒が自身のスマートフォンやタブレットを持参し、授業で活用する事を推進する政策BYOD(Bring Your Own Device)の重要性について積極的な議論が行なわれました。例えば、モンゴルの先生方は、日本の先生方に対して、デバイスを持っていない学生へのサポートや、生徒の適切なデバイスの利用法の管理などについて積極的に質問をしていました。 教員研修センターでは、花の特徴を観察する生物の実験についての研修を熱心に視察していました。モンゴルの先生方からは、虫眼鏡や校庭の花などの身の回りにあるものを効果的に使って観察を行なう方法が、モンゴルの教育に適用でき、大変ためになったと感想がありました。また、理論的な説明だけでなく、生徒の視点、行動の傾向を考慮し、生徒の関心を高めるための実践的なアプローチに重点がおかれていたことも参考になったと話していました。  全国高校生フォーラムでは、モンゴルの先生方が、中高生の活発な議論を受け、“Think globally, Act locally“という考え方をモンゴルの教育にも持ち帰り、生徒たちが学んだ知識を用いて世界の課題に取り組む事を後押ししたいと話していました。また、ポスター発表をする中高生が、プロジェクトを通してそれぞれ異なるSDGsに取り組んでいたことを受け、SDGsのどの目標をとっても子どもたちの教育内容に関連付けられる事を学んだと話していました。 充実した研修に併せて、モンゴルの先生方は東京の文化も体験しました。浅草の浅草寺、東京タワーを、渋谷、銀座などを訪れ、ご家族にも東京での体験を共有できると喜ばれていました。

Read more