研究室のメンバーが第63回国際比較教育学会(CIES)に参加

山口・高田研究室の山口教授、平井(D4)、Mai(M2)、モンゴル金融経済大学のSukhbaatar教授がサンフランシスコで4月13日から18日に開催された第63回国際比較教育学会(CIES)に参加した。CIESは比較教育分野で最も大きい学会の一つで、今年は120ヶ国以上から約4,000人が参加した。CIESの2019年のテーマは“Education for Sustainability”で、そのテーマの下1,400の発表が行なわれた。 山口教授、Sukhbaatar教授、Maiは“Educational technology and faculty development” のセッションに発表者として参加した。山口教授、Sukhbaatar教授はJICA草の根事業として2012年から2017年にかけて行なわれた「モンゴルにおける地方小学校教員の質の向上―地域性に即したICTを活用した教材開発を通じて」のインパクト調査の結果を報告した。インパクト調査は1,161名の小学校教員を対象に行なわれた。調査結果として、モンゴルの小学校におけるICTの活用について、県レベルと学校レベルの教員研修がそれぞれ52%と34.8%増加、学校での教員のパソコン利用時間が9.5%増加、教員の能力に対する認識と満足度がそれぞれ増加など多角的な観点での向上が確認されたことが説明された。 Maiは“Study on Self-Regulated Learning Processes for Professional Development using ICT: A

Read more

研究室のメンバーが第29回日本国際開発学会(JASID)年次大会に参加

高田教授、山本研究員、Li研究員、上村(M2)、Mai(M2)が、2018年9月23、24日に筑波大学で開催された第29回日本国際開発学会(JASID)年次大会に参加した。 上村は“Analysis of Landscape Change in World Heritage Site: Case of Luang Prabang, Lao PDR”と題し、ポスター発表を行なった。1999年、2010年、2017年の間での景観変化についての説明を行なった。発表を聞いた参加者からは、ルアンパバーンで近代的な建材の建物が増えていること等について質問が挙がった。ポスター発表を通じて、修士論文研究に役立つ議論が活発に行なわれた。 Maiは“The Influence of Interactive Learning

Read more

山本研究員, Li (D3), 平井(D2)がCIESに参加

山口・高田研究室の山本研究員、Li(D3)、平井(D2)の3名が3月25日から29日にかけてメキシコシティで開催されたCIES(Comparative and International Education Society)第62回年次会議に参加しました。今回のCIES年次会議には190以上の国と地域から約1000名の参加者が集まりました。“Re-mapping global education South-North Dialogue”が今年のテーマでした。   一日目、山本研究員、Li、平井は“ICT4D Practice track IV: ICT4D and Teacher Professional Development” と題したセッションに参加しました。このセッションでは山本研究員がモンゴルの小学校におけるICT利用に関する研究“Relationships between ICT

Read more

山口研究室メンバーが第61回「Comparative & International Education Society (CIES)」で発表しました

山本研究員、Li(D1)、大矢(M2)、Orgilmaaが2017年3月5日から9日にアメリカのアトランタで行われた第61回CIES(Comparative and International Education Society)Conferenceで研究の成果を発表しました。今年度のCIESの全体テーマである「Problematizing (In)Equality: The Promise of Comparative and International Education」のもと、世界各国から研究者や専門家が参加しました。(参照 http://www.cies2017.org/) 山本研究員は “Implementation of ICT for development

Read more

山本祐規子研究員と游浩成 (M2) が国際開発学会 (JASID) 第27回秋季大会で発表しました

山口・高田研究室の高田潤一教授、山本祐規子研究員及び游浩成 (M2) は2016年11月26日と27日に広島大学で行われた国際開発学会 (JASID) 第27回秋季大会に参加しました。 高田教授は「廃棄物管理と技術移転」のセッションでコメンテーターを務め、それぞれの発表者に研究手法や結論についてコメントを述べました。質問や見解を通じて発表者の研究をより深く掘り下げ、セッション参加者との議論促進に貢献しました。 山本祐規子研究員は、「モンゴル初等教育における教員の自己効力感とICTを活用した教育の促進に関する研究」というタイトルで発表を行いました。この研究は838名の小学校教員のデータを基に教員の自己効力感と日々の教育活動にどのような関係があるのかを調査したものです。調査の結果特に学校レベル教員研修が教員の高い自己効力感に関係していることが分かり、教員のニーズにあった研修活動の重要性指摘しました。またICTを学校全体で後押しする政策や学校文化も先生の自己効力感に関係していることを受け、特に管理職がICTの教育上の意義を理解することが今後の学校でのICTのさらなる活用に繋がると説明しました。この研究は近々Journal of International Cooperation in Education (Vol.18 No.2, 2016, pp.1-15)で発表される予定です。 修士課程2年の游浩成は、自身の研究「ラオス、世界遺産地域ルアンパバーンにおける河岸景観モニタリングのためのドローンの応用」についてポスター発表を行いました。 当研究室は2004年から “世界遺産ルアンパバーンにおける持続可能な開発マネージメントのための情報通信技術 (ICT) の応用”

Read more

第24回 CIPA 国際シンポジウム,2013

日付:2013日9月13日 Yew Siang Poongさん(D1)、はフランスのストラスブルクで開催された第二十四回CIPA(The International Commitee for Documentation of Cultural Heritage :文化的遺産の文章活用の為の国際的会議)で学術論文発表を行いました。CIPAはICOMOS(International Council on Monuments and Sites :国際記念物遺跡会議)の国際的会議の一つであり、ISPRS(International Society of Photogrammetry

Read more