山口教授がモンゴル大統領より北極星勲章を受章

2014年9月、山口教授がモンゴル国より北極星勲章を受章しました。北極星勲章は外国人にとって最高栄誉に当たる勲章で、山口教授の90年代初頭から今日までのモンゴルの教育開発分野への貢献が高く賛されました。

山口教授がモンゴル文部科学大臣より北極星勲章証書を授与

 

山口・高田研究室は2012年からモンゴル文部科学省、モンゴル教育大学と恊働で”モンゴル国、地方部における持続的なICT(通信情報技術: Information Communication Technology)利用を通じた初等教育の改善”に取り組んできました。この開発プロジェクトはJICAの資金援助の下、ICTの活用を通して小学校教員の能力向上を支援することを目標としています。現地レベルで様々なICTツールが教員研修に役立てられることを目指しており、21の州と首都ウランバートルの教員を対象とし、小学校レベルでデジタル教材を作成するなど草の根の活動が進められています。
山口教授はモンゴルの教育改善に様々な形で関わってきました。主として、人材開発と教育向上のためのマスタープランの策定、教育行政官・教諭を対象とした研修ニーズ調査、高等教育の向上や地方部小学校の改善などの実績を残しています。

モンゴル教育化学省で行われた授章式典には科学技術振興機構(JST)より相澤益男教授、東京工業大学より高田潤一教授、モンゴル教育大学とJICAの本プロジェクト運営委員会からの代表の方々が御祝いにご出席されました。

御祝いに駆けつけた方々 山口教授を囲んで

山口教授は2012年にも”Honorable Education Medal”を授与され、モンゴル バヤンホンゴル県名誉市民として賞されています。

教育化学省の前で専門家の方々と
Print Friendly, PDF & Email