游浩成 (M2) がルアンプラバーンにて現地調査を実施 (2016/8-11)

2016年8月20日から11月16日にかけて、山口・高田研究室の游浩成 (M2) がラオス国ルアンプラバーン世界遺産局 (以下DPL) にて現地調査を実施しました。游は特に以下の3つの活動を行ないました: 1) 山口・高田研究室とDPL共催のワークショップへの参加、2) ドローンによる景観のビデオ撮影、3) 河岸景観の分析

  1. 山口・高田研究室とDPL共催のワークショップの参加:

游は本フィールドワーク期間中、計2回共催ワークショップに参加しました。

1回目は2016年9月6日に、DPLにて「Information and communication technology for World Heritage site preservation and management in Luang Prabang, Lao P.D.R」と題したワークショップを開催しました。ワークショップでは1) プロジェクトの研究進捗報告、2) DPLからのフィードバック、の2点を目的としました。その中で游は “Application of drone for riverbank landscape monitoring” と題した発表を行いました。発表の要点は以下の通りです。

  1. 現在の河岸の状況の説明;
  2. プロジェクトの概要;
  3. 景観評価のために景観評価シートを用いることの提案;
  4. 景観評価シートを用いる利点と留意点の説明;
  5. 景観評価トライアルによる景観分析の結果の紹介;

発表後は今後の取り組みについて議論され、議論の結果、景観評価に用いるクライテリアを特定する必要があることが明確になりました。

2回目は2016年11月11日に、DPLにて「DPL & TOKYO TECH collaborative workshop October 2016」と題したワークショップを開催しました。ワークショップでは1) 前回のワークショップ以降のプロジェクトの研究進捗報告、2) 東工大とDPLの今後の協働事業についての議論、3) DPLからのフィードバック、の3点を目的としました。その中で游は “Update of application of drone for riverbank landscape monitoring” と題した発表を行いました。発表の要点は以下の通りです。

  1. ワークフローの説明;
  2. 前回のワークショップで行われた発表のまとめ;
  3. 自然環境に対する景観の分析結果の報告;
  4. レストランに対する景観の分析結果の報告;
  5. 今後の活動の紹介;

発表後は本研究の有用性に対して議論され、議論の結果、景観比較に用いるためのベースラインデータとしての有用性が確認された。

1回目ワークショップの参加者の集合写真 (2016年9月撮影)
1回目ワークショップの参加者の集合写真 (2016年9月撮影)
2回目ワークショップでの議論の様子 (2016年11月撮影)
2回目ワークショップでの議論の様子 (2016年11月撮影)
  1. ドローンによる景観のビデオ撮影:

9月19日から10月7日にかけてメコン川河岸景観のビデオ撮影を行いました。撮影エリアはDPLスタッフとの議論の結果、1.5 kmにわたるメコン川河岸を撮影エリアに定めることに決定しました。撮影に関しては、前回のフィールドワークと同様に、計3周のビデオ撮影が行われ、游は「前回作成した動画と比べ、レストランの内部をはっきり写すためにレストランにできるだけ近づけて撮影するよう心がけた。しかし、河岸には樹木が多く生い茂っているため、樹木に衝突しないよう意識して撮影した」と述べています。

ドローンで撮影された動画のキャプチャ (2016年9月30日撮影)
ドローンで撮影された動画のキャプチャ
(2016年9月30日撮影)
  1. 河岸景観の分析:

景観のビデオ撮影を終えた後、前回のフィールドワークで撮影された景観ビデオを用い自然環境に関する景観分析と今回撮影された景観ビデオを用いてレストランに関する景観分析を行いました。

自然環境に関しては、10人のスタッフによる分析の結果、計14か所のエリアが「河岸景観を損ねている可能性がある」と評価され、その中の5か所のエリアは10人のスタッフ全員によって「河岸景観を損ねている可能性がある」と評価されました。

レストランに関しては、9人のスタッフによる分析の結果、河岸に存在する32件のレストランのうちの22件が「河岸景観を損ねている可能性がある」と評価されました。この景観分析を行うことで、河岸の現在の状況を詳細に認識することが可能になりました。

景観評価の様子 (2016年10月24日撮影)
景観評価の様子
(2016年10月24日撮影)

 

 

Print Friendly, PDF & Email