地理情報システム (GIS) による池・湿地帯の変化に関する分析

2015年には、GISを用い湿地帯の景観変化の分析と湿地帯保全に関する地域住民の意識調査を行った。景観分析の結果、過去14年間の湿地帯の変化は顕著でグリーンスペースが減少していることが確認された。同時に活用されている湿地帯の保存状況の改善も見られた。意識調査では、地域住民が湿地帯保全の重要性は認識している一方で、コストに対する不安が大きいことが判明した。

Comparison of land cover types
土地利用目的の比較

論文資料

  1. 池・湿地帯の分析に関する修士論文資料 (2016年 3月)
  2. 池・湿地帯の分析に関する修士論文発表資料 (2016年 3月)
Print Friendly, PDF & Email