モンゴル研究チームがBayankhongor県Buutsagaan村での教員研修に参加

高田教授、Li、平井、Maiの4名は、2018年9月17日から21日までBayankhongor県Buutsagan村のモデル校にて実施された教員研修に参加した。本研修はJICA草の根技術協力事業「モンゴルにおける地方中学校教員の質の向上-ICTを活用した地域に根差したSTEM研修教材開発を通じて」の活動の一環として行なわれたクラスターレベル教員研修であり、学校現場のニーズに適合したデジタル研修教材制作チームを養成することを目的に行なわれた。モンゴル国立教育大学(MNUE)の専門家チームからはTsedevsuren教授が参加した。

教員研修での集合写真

 ウランバートルで行なわれた全国研修に参加した4名の教育文化局(ECD)メソドロジストを中心にが研修は実施され、5校から12名の中学校教員、2名の学校長、1名のトレーニングマネージャーが参加した。研修はカスケードモデルを用いて計画され、Tsedevsuren教授とメソドロジストの先生方は、中央レベルでの全国研修の内容を、各地方クラスターの学校環境と中学校教員のニーズに適用するよう研修内容を工夫をして実施された。

メソドロジストが研修の内容を説明
東工大モンゴル研究チームがプロジェクトの目的と計画を説明
情報技術を活用した授業の研修

初日はICTの教育利用の現状や動画編集ソフトの使い方など、全教科で必要な知識についての研修が行なわれた。二日目からは、専門教科(数学、化学、物理、生物、地理、技術とデザイン、歴史と社会科学、モンゴル語)に特化した研修が実施された。研修では2018年に中学校教員研修用に開発されたガイドラインやビデオ教材が効果的に活用された。講義に加えて実践的な研修も行なわれ、参加した教員はビデオ教材作成のための動画編集ソフトウエアの操作や、授業での活用方法について各自、実際に操作をしながら学んだ。

研修に参加した中学校教員

モンゴル研究チームはJICA草の根事業第2フェーズの目的や活動についての紹介し、また対話型Webベース教員研修教材についての実演も行なった。参加者は対話型教材に興味を示し、実際に対話型教材を自ら自校にて開発したいという意見が寄せられた。Buutsagan村では、モデル校の生徒による歓迎会が行なわれ、生徒による少数民族の踊りが披露され、モンゴルの多様な文化に触れることができた。

小学生による伝統的な踊りの披露
Print Friendly, PDF & Email