山口・高田研究室のメンバーが国連大学のシンポジウムに参加

2019年7月4日研究室の学生が国連大学(UNU)で行なわれた“Sustainability Research Symposium 2019”に参加した。プログラムは1)開会の挨拶、2)2019年までのSDGsの進捗状況、3)UNU peace and progress journal (UPP)ディスカッション、4)オープンディスカッション、5)参加者との質疑応答、であった。

国連大学学長のDavid Malone氏による主催者挨拶が行なわれた。Malone氏は、学生に向けて、未来を担う役割についていくつかのアドバイスを送った。例えば、同じ大学で学んだ仲間たちとのつながりを大切にすることが、未来の社会課題を解決することにつながると述べた。卒業後、政治家や研究者になったとしても、世界の未来は若い世代の責任の下にあると述べた。

シンポジウムでは、異なる大学の学生による研究発表が行なわれた。以下、研究室のメンバーの感想を記す。

Fatemeh:研究室で学んだ事と関係が深い内容であったため、他大学の学生の発表を興味を持って聞くことができた。オープンディスカッションセッションは、電子アンケートをモニターに映し、聴講者参加型で行なわれた。参加者の意見はすぐにグラフとしてモニターに映し出され、それを基にパネリストと参加者が意見を交換した。SDGsが女性のリーダーシップに与える影響や、気候変動の下での難民の権利や福利、AIの影響などSDGsについて関心が集まった。

平井:他大学の学生の研究発表を聞いて、研究の課題と手法を簡潔に説明をすることが、オーディエンスと建設的な議論をするうえで重要であることを改めて感じた。インドネシアにおける教育とwell-beingの関係に関する研究が興味深かった。発表の後、well-being といった質的な項目の計測方法における問題点や現地の文脈への適用などについて話し合った。他の学生の研究発表を聞くことは、研究の視野を広げ、自分の研究を見直す上で有効な機会であった。

Saiful: 気候変動とネパールの少数民族の生活維持の関連に関する研究が興味深かった。他にも、Sharad氏によるNepalの地方分権が教育の質に与える影響を調べた研究が興味深かった。彼は研究の傍ら、実際にネパールで学校を運営しており、地域への貢献に対する行動力にも感銘をうけた。持続可能な開発への貢献という共通のテーマの研究であっても、異なるアプローチが見られたことが興味深かった。 Jerome:UNUで行なわれたSymposiumでは、あらゆる研究分野で持続可能な開発を軸にした研究が行なわれていることを見ることができた。また東工大と比較したときにUNUの学生の研究が多様であることも感じた。特に、持続可能な開発目標が、中高年や、都市の貧民層、世界重要農業遺産システムなどの異なるコミュニティーで取り組まれていることの可能性について探求した研究が興味深かった。

Print Friendly, PDF & Email